パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

私という“個人”を見てくれた面接で、「働く」ということの意識が変わった


正直に言うと、当社を知るまでの就職活動では収入や福利厚生などのメリット面ばかりを気にしていました。でも当社の面接を受けた時に、働くということはメリットよりも「誰と働くか」「何ができるか」
の方がよっぽど大事なんだって気付いたんです。なぜそう思ったかというと、面接を担当してくれた上司が、「面接では君のことがよく分からなかったから、もう少し話をしないか」と面接後に声をかけてくれて。その時に、「この人は私のことを数多いる学生の一人ではなく、私個人を見てくれているんだ」と
伝わってきてとても驚きました。ここでなら、会社の歯車の一つとしてではなく、
自分らしさを活かしながら主体性を持って活躍できると思い、入社しました。

打ち合わせ時に何も言えなかった新人時代。猛勉強を重ねて成長を実感

とはいえ、大学は文系だったのでITの知識は皆無。入社前は、「勉強すればなんとかなるだろう」と考えていましたが、思っていたよりも大変だったというのが正直なところ。
入社当時、先輩社員とお客様の打ち合わせに同席した際も、全く話についていけず不甲斐ない思いをした
こともあります。それから猛勉強し、話についていけるようになった時には自分の成長を感じて嬉しく思いましたね。とはいえ、新しい技術はどんどん登場してくるので、勉強に終わりはありません。
今でもつねに知識の修得を意識しながら仕事に取り組んでいます。
現在は、販売代理店(実際に販売を行うパートナー企業)への提案を担当。主力のファイアウォール製品や、近年急増中のリモートワーク商材などをメインに扱っています。当社はストロングポイントのある製品を多く扱っており、単に「売れている製品」を提案するのとは異なり、難しくもあり面白くもあります。
時には販売代理店の方と一緒にエンドユーザーに提案を行うこともあるのですが、ユーザーの要望や課題と製品の特徴がピッタリはまった時にはとても嬉しいですね。

IT知識ゼロで入社してから半年で一大プロジェクトを任されることに

入社してまだ半年の頃に、ある私立の一貫校にWi-Fi「Ruckus」という製品を提案する巨大プロジェクトを任されることになりました。約1年かけてやっと受注にこぎつけ、現在は設置を
行っているところです。上司や先輩にフォローしていただきながらではありましたが、最初から最後まで自分一人でやらせてもらったことは、とても大きな自信につながりました。
今回はたまたま大きなプロジェクトでしたが、規模の大小に関わらず、自分でハンドリングして受注できたプロジェクトというのはとてもやりがいを感じますね。
入社して半年の新人なのにこんなに大きなプロジェクトを任せてもらえる会社はきっと他にはないでしょう。
早く色々なことにチャレンジしたいという方には、当社はまさにピッタリの環境だと思いますよ。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。